30-34歳の女性の部位別がん罹患率トップは子宮頸がんです

若い女性の「進行性がん」とは?~小林麻央さんの乳がんから考える
以下は、記事の抜粋です。


年齢別のがんの発生部位を知るには、国立がん研究センターがん対策情報センターの最新がん統計が参考になる。
詳細なデータなら、国立がん研究センターがん情報サービス「がん登録・統計」のなかの罹患データをみたい。これによれば、30-34歳の女性の部位別がん罹患率(人口10万人あたり;2010年)は以下の通り。

子宮 37.5(うち子宮頸部30.2)
乳房 24.0
甲状腺 16.7
卵巣 8.3
胃 6.3
悪性リンパ腫 5.2
肺 2.1
大腸(結腸と直腸あわせ) 2.0

この年齢では女性特有の子宮頸がんと乳がんが多く、全年齢で最も死者数の多い大腸がんは少ない。


榎木さんがまとめた上のデータを見て思うのは、若い女性のがんにおける子宮頸がんの重要性です。2011年には2,300人以上の女性が「子宮頸がん」と診断され、30代だけで1,600人も新しく発病しているそうです。この大半がワクチンで予防できるはずです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする