タコとイカなどの頭足類が世界の海で増え続けている

タコとイカが世界の海洋を占領する
以下は、記事の抜粋です。


1960年代以降、タコやイカの数が増え続けている。しかし学者たちはその理由をまだ説明することができない。

生物学者たちは、頭足類の個体数が周期的かつ非常に急激に変動することを知っている。一方で頭足類の主要35種は、変動は小さいながらも、1950年代から増え続けていることが明らかになった。

学者たちは、タコとイカは魚やサンゴとは異なり海の物理的環境の変化に素早く適応し、新たなエコロジカルニッチ(生態的地位)を獲得するために競争相手の衰えを利用していると指摘している。

特にグローバルな漁業が世界の海洋から頭足類の主な競争相手である肉食魚を奪っているという。


元論文のタイトルは、”Global proliferation of cephalopods”です(論文をみる)。

タコやイカの仲間のことを頭足類(cephalopods)と呼びます。以下はその増え方を示すグラフです。やはり、一番生態系を乱しているのはヒトですね。

cephalopod

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする