「そばアレルギーチェッカー」…市販は難しそう

反応があれば赤に!「そばアレルギーチェッカー」のアイデアが日本らしくて素敵
以下は、写真と記事の抜粋です。



ただの観光客向けの浮世絵ステッカー?そう思いきや、なんとこれはそばアレルギーの有無をチェックできる、アレルギーチェッカーなんです!そば湯を塗ったステッカーを腕に張り、アレルギー反応が出ると絵柄にマッチした赤い柄が浮き上がります。

この画期的なステッカーを開発したのは、北海道札幌市の国道230号沿いに集まるそば店からなる「230そば街道推進委員会」。

そばを日本で初めて食べる海外の旅行客たちは、そばに深刻なアレルギー反応が出る場合があることを知らない人がほとんどだそう。そんな観光客たちにそばアレルギーについて知ってもらうことを目的に、このステッカーは制作されました。

つい試してみたくなるデザインですよね!残念ながらまだ商品化の予定はまだないようです。ステッカーが話題になることよって、多くの観光客たちが快適に日本を楽しめるといいですね!


「230そば街道推進委員会」自身の説明によると、これは一種のプリックテストのようです(説明をみる)。以下は、その説明の抜粋です。


このそばアレルギータトゥーチェッカーは、プリックテストを応用しております。パッチテストではございません。プリックテストでは、皮膚の表面に見えないほどの小さな傷(プリック)をつけます。このそばアレルギータトゥーチェッカーでも、皮膚の表面にいくつかのプリックをつけています。その上から、そば湯を塗ったそばアレルギータトゥーチェッカーを貼付けます。もしくは、貼付けた後に、そば湯を塗ります。そば湯がステッカーの糊とともにアレルゲンの役割をし、プリックの周りの肌表面が赤くなります。

そばは重篤なアレルギー反応を引き起こす可能性があります。確率はきわめて低いとは言え、プリックテストそのものでアナフィラキシーショックに陥ることも考えられます。ですから、私たちが実施したイベントでは、専門医の管理のもとそばアレルギーチェックを行いました。万が一、ショックが起きたとこのための薬剤や設備も準備しました。


上の説明のように、このチェッカーでショックを起こして死に至る可能性があります。ということで、話題にはなりましたが、市販はされないと思います。