オランダ:2025年までに電気自動車以外販売禁止に、子宮頸がん予防ワクチンは”接種推奨”

2025年までに電気自動車以外の販売を禁じる世界初の法案がオランダで提出・可決の見込み

ガソリン車やディーゼル車はもちろん、ハイブリッド車も販売できなくなり、できるのは電気自動車と燃料電池車だけになりそうです。記事にも書かれていますが、たしかにオランダは電気自動車の普及が進んでいるようで、昨年秋に訪れたワーゲニンゲン大学の構内にも自動車用の充電設備がありました。オランダは、石炭火力発電所の廃止法案も承認しています(記事をみる)。日本はどうなるのでしょうか?



子宮頸がん予防ワクチンは”接種推奨” – 日本小児科学会らが見解示す
ようやく、学会があたりまえの事を呼びかけました。以下のコメントに同意します。


「これ以上の本ワクチンの積極的接種勧奨の中止は、国内の女性が実質的にワクチンによるがん予防という恩恵をうけられないことになり、きわめて憂慮すべき事態と考えます。がん予防のために本ワクチンの接種を希望する方たちに対して、体制が整ったことを周知し、接種が受けやすい環境を整えるべきと考えます」