世界の領土問題地図

Mapping Every Disputed Territory in the World

ニューヨーク市に住む自称起業家のMax Galka氏が作ったサイトです。説明によると、世界の少なくとも124の国(のようなものも含む)が105の領土をめぐって争っているそうです。

興味深いのは、日本とロシアの「北方領土(The Kuril Islands)問題」がその中の”6 of the most interesting / surprising / bizarre territorial disputes(最も興味深く/驚くべき/奇妙な6つの領土問題)”の1つに選ばれています。そして、”The reason Japan and Russia still haven’t signed a peace treaty to end World War II(日本とロシアが第2次世界大戦終結のための平和条約を未だ結んでいない理由)”について説明しています。

私は、Rockall Islandという文字通り岩ばかりの無人島を3つの国が争っているのか”Why are three countries fighting over a tiny rock in the middle of the nowhere?”という記事がおもしろいと思いました。以下がその岩の位置と写真です。


Max Galka氏は一見価値がない島などの領土を争う理由は、その周辺の海の漁業権、航海権、資源が重要だからだと書いていますが、私は、自国民の不満を外へ向けるためなどの政治的な理由の方が大きいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする