ガムが「うつ病予防」に効果絶大と判明??

口臭を防ぐだけじゃない!ガムが「うつ病予防」に効果絶大と判明

以下は、記事の抜粋です。


朝日を浴びることやウォーキングをするのが困難な方は、“ガム”を噛むだけでも良いそう。ガムを噛むことで一定リズムの咀嚼運動が生じ、それがセロトニン神経を活性化させるのだ。たった一粒のガムを口の中に放り込むだけでいいので、これなら仕事や家事の合間にも手軽にうつ病予防ができるだろう。

ガムはよく噛むことで満腹感が得られるので、おやつの無駄食いを防止したり、小顔効果や顔のゆがみ矯正効果があったり、唾液が分泌されることで風邪予防や口臭予防にもなったりと、実は意外にも良いことづくめ。明日の出勤前はコンビニに寄って、ガムを買ってみてはどうだろうか。


HighWireという検索サイトで調べたところ、”chewing, gum, depression”の3つのキーワードを要約に持つ論文は、以下の3つだけでした。

Effects of chewing gum on the stress and work of university students.
AP Smith and M Woods
Appetite, Jun 2012; 58(3): 1037-40.

Chewing gum, occupational stress, work performance and wellbeing. An intervention study.
AP Smith, K Chaplin, and E Wadsworth
Appetite, Jun 2012; 58(3): 1083-6.

Effect of regular gum chewing on levels of anxiety, mood, and fatigue in healthy young adults.
A Sasaki-Otomaru, Y Sakuma, Y Mochizuki, S Ishida, Y Kanoya, and C Sato
Clin Pract Epidemiol Ment Health, Jan 2011; 7: 133-9.

これらの論文に書かれている実験の結果は、ガムを噛むことでストレス、疲労、不安、抑うつ気分、仕事の効率などが有意に改善することを示していました。しかし「うつ病の予防」については書かれていませんでした。おそらく、上の記事を書いた方が勝手に類推したのでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする