一般メディアでも話題になってきた「免疫チェックポイント阻害剤」

薬でがん克服の時代が来た!1度効いたらずっと効く「免疫チェックポイント阻害剤」
以下は、記事の抜粋です。


免疫細胞の力を高めてがんを治療する薬「免疫チェックポイント阻害剤」ががん治療を根本から変えると、世界中から期待を集めているという。この薬はメラノーマや肺がん、腎臓がんの治療で目覚ましい効果を上げており、免疫療法が手術、抗がん剤、放射線に続くがん治療の柱になるとの期待もある。

山口大の玉田耕治教授は「通常の抗がん剤や手術などが効かなかった患者さんで、2割から4割ぐらいの人に効果があるということで、非常に劇的に効くと言えます」と話す。国立がん研究センターの山崎直也皮膚腫瘍科長も「効いたらずっと長く効くという点で、画期的な薬です。お薬でがんを本当に治せる、克服できる時代が来たのではないでしょうか」と話す。

免疫細胞の力を高めてガンを攻撃しようという研究は従来から行われていたが、効果を上げるものはほとんどなかった。多くは免疫細胞自体の攻撃力を高めるというもので、いわば「アクセル」を強める発想だったが、免疫チェックポイント阻害剤は免疫細胞の「ブレーキ」のメカニズムを利用しているそうだ。

免疫細胞には攻撃をストップするブレーキのボタンが備わっているが、攻撃を受けたがん細胞はこのボタンを押してがん攻撃をとめてしまう。免疫チェックポイント阻害剤は、がん細胞からブレーキを守ることで免疫細胞ががんを攻撃し続けるのだ。

ただ、研究を進めると、免疫チェックポイント阻害剤には効きやすいがんと効きにくいがんがあることがわかってきた。すい臓がん、前立腺がん、大腸がんなどは一般的に効きにくいという。これらは遺伝子の変異が少ないタイプのがんのため、免疫細胞ががん細胞を正常な細胞と認識してしまい、攻撃しづらいからだと考えられている。


ついに、NHKなどの一般メディアでも「免疫チェックポイント阻害剤」がとりあげられるようになりました。しかし、少し気になるところがあります。確かに理論的には、「1度効いたらずっと効く」はずですが、エビデンスはあるのでしょうか?

あと、「すい臓がん、前立腺がん、大腸がんなどは一般的に効きにくい」というのは重要だと思います。しかし、遺伝子の変異が少ないタイプのがんには効きにくい、というのもまだわからないと思います。この薬の感受性を決めている因子の解明は、今後の最大の課題だと思います。

関連記事
アスピリンが免疫チェックポイント阻害剤の抗腫瘍効果を増強する
免疫チェックポイント阻害薬は卵巣がんの一部にも有効
PD-L1 発現量にかかわらず、ニボルマブ(オプジーボ®)は進行扁平上皮非小細胞肺癌に有効
悪性黒色腫に対するペンブロリズマブ(抗PD-1抗体)とイピリムマブ(抗CTLA-4抗体)の比較
免疫チェックポイント阻害剤の併用(オプジーボ®とイェルボイ®)FDAに初の申請
乳がんにも「免役チェックポイント阻害薬」が効果。今後は、PD-L1の有無ががん治療で重要かも?
PD-1阻害薬ペムブロリズマブとCTLA-4阻害薬イピリムマブと「キャシーのbig C」

まだまだあります。関連記事の関連記事をご覧ください。