加工肉の発がん性について

加工肉に発がん性あるとWHO
以下は、記事の抜粋です。


世界保健機関(WHO)は26日、ベーコンやソーセージ、ハムなどの加工肉は発がん性があるという分類を発表した。

専門機関・国際がん研究機関(IARC)の報告は、加工肉を毎日食べた場合、50グラム(ベーコン2切れ以下)ごとに大腸がんにかかる確率が18%上昇するとしている。

加工肉とは、賞味期限を延ばしたり味を変えるために加工されたもので、加工の主な手段はくんせい、塩漬け、塩や保存料の追加など。ベーコン、ソーセージ、ホットドッグ、サラミ、コーンビーフ、ビーフジャーキー、ハム、肉の缶詰、肉ベースのソースなどが含まれる。

英国では100人に約6人が一度は大腸がんにかかる。全員が終生、1日50グラム分のベーコンを追加摂取し続けた場合、大腸がんにかかる確率は18%上昇し、つまり発症リスクが100人中7人に上がるという。「つまり一生ずっとベーコンを食べ続ける100人の中で、大腸がんにかかる人が1人増えるわけだ」と説明する。

がんの原因になるという意味で加工肉はアルコール、そしてプルトニウムと同類項に入れられたことになる。ただし、加工肉がアルコールやプルトニウムと同じくらい危険だというわけではないし、ベーコン・サンドイッチの危険性はタバコと同じではない。


加工肉には発がん性があるということは確かなので、同じ項目に分類されたのでしょう。しかし、世界のがん死亡患者のうち、喫煙が原因とみられるのは年間約100万人、アルコール摂取は60万人、大気汚染は20万人ですが、肉の摂取が原因のがんは約3万4000人だとされているので、リスクの大きさはかなり違います。

日本の場合、平成12年の国立がんセンターの発表によると、肺がんで死ぬ確率は、タバコを吸わない人が0.3%(300人に1人)であるのに対し、20才から毎日20本吸い続けた人は16%(6人に1人)、20才から毎日40本吸い続けた人は28%(3.5人に1人)でした。やはり、加工肉とは大違いです。

記事にもありますが、肉は発がん性はあるにしても、鉄分や亜鉛、ビタミンB12の重要な供給源です。私は、これからもソーセージやベーコンなどの加工肉を食べ続けると思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする