バンドン(Bangdung)に来ています

約1年ぶりにインドネシアのバンドンにあるパジャジャラン大学を訪れました。今は雨期だそうですが、私の滞在した3日間はほとんど雨が降らず、気温は20~25度で暑くも寒くもなく、快適に過ごすことができました。バンドンは、インドネシアでもっとも気候の良い大都市だと思います。

本年度から、神戸大医学部の6年次学生が大学の教育病院であるハサン・サディキン病院や地方の関連病院で、インドネシア人学生に混じって4週間の病院実習を行っています。パジャジャラン大の指導教員や学生の医学知識や英語レベルは非常に高く、日本では経験できない症例との出会いも含めて、学生は大変良い経験ができていると思いました。

印象的だったのは、私の面倒を見てくれた若手の教員がすべて、日本への留学経験者だったことです。以前は、日本での研究経験を生かせるようなポジションは少なかったようですが、最近は日本と同様、インドネシアの有力大学は研究大学を目指しているので、状況は変わりつつあるようです。

バンドンで食べた美味しいものの写真は帰国後に紹介したいと思います。

関連記事
パジャジャラン(Padjadjaran)大学医学部と関連病院
バンドンのJagung Bakar Pedas(スパイシー焼きとうもろこし)、などなど