キス以外のイグ・ノーベル賞もすごい!

The 2015 Ig Nobel Prize Winners
以下は。医学を除いた受賞タイトルです。
---------------------------------------------—
CHEMISTRY PRIZE — for inventing a chemical recipe to partially un-boil an egg.
PHYSICS PRIZE — for testing the biological principle that nearly all mammals empty their bladders in about 21 seconds (plus or minus 13 seconds).
LITERATURE PRIZE — for discovering that the word “huh?” (or its equivalent) seems to exist in every human language — and for not being quite sure why.
MANAGEMENT PRIZE — for discovering that many business leaders developed in childhood a fondness for risk-taking, when they experienced natural disasters (such as earthquakes, volcanic eruptions, tsunamis, and wildfires) that — for them — had no dire personal consequences.
ECONOMICS PRIZE — for offering to pay policemen extra cash if the policemen refuse to take bribes.
MATHEMATICS PRIZE — for trying to use mathematical techniques to determine whether and how Moulay Ismael the Bloodthirsty, the Sharifian Emperor of Morocco, managed, during the years from 1697 through 1727, to father 888 children.
BIOLOGY PRIZE — for observing that when you attach a weighted stick to the rear end of a chicken, the chicken then walks in a manner similar to that in which dinosaurs are thought to have walked.
DIAGNOSTIC MEDICINE PRIZE — for determining that acute appendicitis can be accurately diagnosed by the amount of pain evident when the patient is driven over speed bumps.
PHYSIOLOGY and ENTOMOLOGY PRIZE — for painstakingly creating the Schmidt Sting Pain Index, which rates the relative pain people feel when stung by various insects. and — for carefully arranging for honey bees to sting him repeatedly on 25 different locations on his body, to learn which locations are the least painful (the skull, middle toe tip, and upper arm). and which are the most painful (the nostril, upper lip, and penis shaft).
---------------------------------------------—
化学賞を受賞した論文のタイトルは、”Shear-Stress-Mediated Refolding of Proteins from Aggregates and Inclusion Bodies”で、熱や過剰発現によってミスフォールド(変性)したタンパク質をリフォールドさせる(元の構造に戻す)非常に簡単な方法を発見したもので、生化学的にも大発見です(論文をみる)。
物理学賞は、ネズミからゾウまで「すべての哺乳類は膀胱を21(±13)秒で空にできる」だそうです。論文のタイトルは、”Duration of Urination Does Not Change With Body Size” で、なんとPNASに掲載されています(論文をみる)。
文学賞は、「“huh?”(はあ?)はどの言語にも存在する」です。ちなみに、日本語は韓国語、スペイン語、アフリカのナミビアやコンゴと同じ「え~」だそうです。
経営学賞は、「多くのビジネスリーダーは、若い時に『自分が極めて危ない場合を除いて』リスクをとるのを好むが、本当に危ない時には保守的に行動した事実の解明」です。
経済学賞は、「賄賂を拒否した警官にご褒美の現金を支給することにしたバンコク市警察」です。
数学賞は、「モロッコの君主が1697年~1727年の間に888人の子供をつくったとされることが可能かどうかを数学的手法で検証した」です。論文のタイトルは、”The Case of Moulay Ismael – Fact or Fancy?”です(論文をみる)。結論は可能で、ハーレムのサイズも予想よりも小さくて十分だそうです。
生物学賞は、「ニワトリの尾部に重りのついた棒をつけると恐竜と同じような歩き方をすることを発見」です。論文のタイトルは、”Walking Like Dinosaurs: Chickens with Artificial Tails Provide Clues about Non-Avian Theropod Locomotion”です(論文をみる)。この論文も文学賞も数学賞もプロス・ワンに掲載されています。
診断医学賞は、「急性虫垂炎は車で道路の凸凹を通過した時に痛みを感じるかどうかで正確に診断できることを発見」です。論文のタイトルは、”Pain over speed bumps in diagnosis of acute appendicitis: diagnostic accuracy study”です(論文をみる)。救急車で病院に運ばれた64名を調べた臨床研究です。34名が組織学的に急性虫垂炎と診断されましたが、その中の33名が凸凹で増強する痛みを病院に搬送中に訴えたそうです。
生理学・昆虫学賞は、「虫に刺された時の痛みを測る『疼痛指数(pain index)』を苦労して作った」と「ミツバチに自分の身体を25箇所刺してもらうことで、どこが一番痛みが少なく(頭皮、足の中指の先、上腕)、どこが一番痛い(鼻の孔、上唇、陰茎棒状部)かを調べた」です。想像しただけでも痛そうです(><)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする