寝たきりの父を置いて仕事に行く→衰弱死して逮捕される…老人ホームに預けられない世帯

寝たきりの父を置いて仕事に行く→衰弱死して逮捕される…老人ホームに預けられない世帯は仕事にすら行けず人生詰む事が発覚する
以下は、記事の抜粋です。


寝たきりの父を放置し死なせた容疑 46歳会社員を逮捕

衰弱した父親を病院に連れていくなど適切な処置を取らずに死なせたとして、兵庫県警は8月25日、神戸市北区南五葉2丁目の会社員、五十川博之容疑者(46)を保護責任者遺棄致死容疑で逮捕し、発表した。容疑を認めているという。

神戸北署によると五十川容疑者は、父の甫(はじめ)さん(83)が8月15日ごろから寝たきりで衰弱した状態だったにもかかわらず放置し、死なせた疑いがある。「24日朝、仕事に行く前には父は生きていた。夜帰ってきたら息をしていなかった」と話しており、自ら119番通報したという。

五十川容疑者は甫さんと2人暮らし。甫さんが寝たきりになった当初はおかゆやうどんを食べさせていたが、次第にスポーツドリンクなど水分だけになり、おむつも長期間替えていなかったという。


こういう場合、どうすれば良いのでしょう?

「仕事をやめて自宅介護に専念しろという国策なんですかね…」とか「仕事やめて二人揃って生活保護、って手しかないような気がする」などのコメントもありますが、「ケースワーカーに相談する」あるいは「行政のサポートがどうなっているか、調べる」で解決するのでしょうか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ひめか より:

    SECRET: 0
    PASS:
    仕事を辞めて介護に専念するには、少なくとも1人は、生活資金を集める人が居ないと不可能だと思います。
    介護を受ける人、介護する人の分を援助しなければなりません。
    これは高額な収入な人で無いと不可能だと思います。
    病院に行けば治る病気ならば良いですが、介護ってそんなに甘くは無い。
    私の家でも長い介護生活でしたが、自宅介護って大変です。
    嚥下障害もあったので(嚥下障害があると水分や自分の唾液で誤嚥性肺炎になります)、施設に行きました。1年入所で1000万円でした。
    今は介護する1人の負担が大きく、なのに福祉が追い付いていない。
    日本は医療先進国ですが、福祉は後進国だと思います。
    介護は家族がやるという風潮がまだまだあります。
    介護と育児同時にやらなければならない人も居ると思います。
    そうなると、矢張り育児が優先になると思いますが。
    行政に相談しても恐らく動いてくれません。
    対象者は沢山居るのでマンパワーが足りません。
    在宅で死亡=逮捕
    ってどうなんでしょうね?それ迄の生活を想像出来ているのか疑問です。