オメガ3脂肪酸を多く含む魚油サプリ、認知機能低下抑制に効果なし

魚油サプリ、認知機能低下抑制に効果なし 米研究
以下は、記事の抜粋です。


オメガ3脂肪酸を多く含む魚油サプリメントは、通説に反して、認知機能低下を抑制する効果はないとする研究結果が25日、発表された。研究は高齢者4000人を対象に行われた。

米国医師会雑誌(JAMA)に掲載された5年間に及ぶ臨床試験の結果は「この種の研究としては最大かつ最長規模のものの1つ」だという。

オメガ3脂肪酸は魚油などに含まれている。サケ、マグロ、オヒョウなどの魚を定期的に食べる人は、これらの種類の魚を食べない人に比べて、目、心臓、脳などの健康状態が良好であることも示されている。

だが、オメガ3脂肪酸を錠剤で摂取した場合の結果は同じではない。2011年の先行研究では、一般に販売されているオメガ3サプリメントに、心臓疾患のある高齢患者の脳の健康を向上させる効果はないことが判明している。

研究では、対象者を無作為に2グループに分け、一方のグループにプラセボを、もう一方にはオメガ3脂肪酸──具体的にはドコサヘキサエン酸(DHA)とエイコサペンタエン酸(EPA)──を含む錠剤を摂取させた。

研究の対象者には、記憶および認知機能のテストを調査開始時に実施。そして、2年後と4年後に同じテストを受けてもらった。「各グループの認知機能テストの点数は、時間とともに同程度減少した。これは、栄養サプリメントのどの組み合わせも効果を生じないことを示している」と論文は指摘している。


元論文のタイトルは、”Effect of Omega-3 Fatty Acids, Lutein/Zeaxanthin, or Other Nutrient Supplementation on Cognitive Function, The AREDS2 Randomized Clinical Trial”です(論文をみる)。

食事から摂るのは良いがサプリはダメ、というのはカルシウムを含む食品とカルシウムサプリの関係とよく似ています(記事をみる)。魚油は、「何かのリスクを上げる」という報告でないだけマシなのかもしれません。つくづく思いますが、健康に良いサプリってあるのでしょうか?

関連記事
長期にわたるカルシウムサプリの摂取は全死亡リスクおよび心血管死亡リスクを上昇させる