佐野研二郎デザインの五輪エンブレム 原案公表は「やぶへび」のようです

佐野研二郎デザインの五輪エンブレム 原案公表の会見で使われた画像がブログからのパクリではとの指摘がなされる
以下は、記事の抜粋と画像です。


盗作問題で揺れる佐野研二郎氏の五輪エンブレムに関して、審査委員である永井一正氏などによるブリーフィングが行われ、ベルギーの劇場ロゴと似ていると指摘のある現在のロゴを修正する前の、佐野氏が当初デザインした”原案”が公表された。

その会見の中で、原案デザインでの展開例として使われた画像がブログからの盗用ではないかとネット上で指摘がなされている。

展開例

元ネタのブログ


どう問題なのかは以下のサイトで、栗原潔氏が詳しく議論されています。

五輪エンブレムの組織内検討資料に他人の写真を使うのはどうなのか

また、「原案」が出てきたことで、山形浩生氏は以下の様に別の矛盾点を指摘されています。佐野氏のデザインのコンセプトは、「正方形9分割に日の丸の丸を重ねて作ったもの」だとして、以下の図が示されていた点です。

え? じゃあエンブレムの「コンセプト」は原案にはなかったってこと?

トートバッグに比べれば、五輪エンブレムは逃げ切れそうだっただけに残念です。