メトホルミンは血中LDLコレステロールを低下させる

糖尿病薬はLDLコレステロールを低下させる
以下は、記事の抜粋です。


抗糖尿病薬のメトフォルミンの投与によって、種々の代謝産物の血中濃度が変化し、特にLDLコレステロールが有意に低下するようだ、という研究報告。

「メトフォルミンの投与がAMPKを通じてLDLコレステロールに影響するのではないかと推定した。」、「メトフォルミンが糖尿病患者の心血管疾患リスクを下げるという効能が存在することを示唆する」と研究チームは報告している。


元論文のタイトルは、”Effects of Metformin on Metabolite Profiles and LDL Cholesterol in Patients With Type 2 Diabetes”です(論文をみる)。

要約しか見れないので、詳しいことはわかりませんが、この論文は糖尿病薬一般の話ではなく、メトホルミンについての結果です。血糖降下作用の2次的影響の可能性もあるので、メトホルミンと他の糖尿病治療薬と比較した結果が知りたいです。