「加齢性性腺機能低下症」に対するテストステロン療法の適応は支持されない

テストステロンと「加齢性性腺機能低下症」
以下は、日本語要約です。


高齢男性の「low T(低テストステロン)」に関する消費者向け直接広告が氾濫しているが,米国食品医薬品局(FDA)は,入手可能なデータからは「加齢性性腺機能低下症」に対するテストステロン療法の適応は支持されないと結論付けている.


加齢男性性腺機能低下(Late-Onset Hypogonadism)症候群(以下LOH症候群)を「男性の更年期障害」とよび、加齢によるテストステロンの減少が原因なので、テストステロンサプリを摂れば元気になるというもっともらしい宣伝が巷には溢れています。騙されないようにしましょう。