佐野氏の妻が激白「実務は何人かの部下が」

“パクリ疑惑”続々 佐野氏の妻が激白「実務は何人かの部下が」
以下は、記事の抜粋です。


日刊ゲンダイは、佐野氏が設立したデザイン事務所「MR_DESIGN」を訪ね、広報担当を務める佐野氏の妻を直撃。さまざまな疑問に答えてもらった。

――佐野氏が手掛けたサントリーのプレゼントキャンペーン用のトートバッグのデザインが、米国のサイトにアップされたものと酷似している。盗作ではありませんか?

「確かにトートバッグのデザインを監修したのは佐野です。しかし、細かい実務を担っていたのは何人かの“部下”です。その部下たちの話を聞いた上でないと、返答はできません。今は事務所が夏季休暇に入っているので、調査にもう少し時間がかかります。そもそも、ゼロベースからデザインをつくり出すことは、一般的ではありません。あくまで一般論ですが、どこかで見たデザインから無意識に着想を得ることは、珍しいことではありません」

別れ際に、「正しく伝えてほしい」とクギをさした佐野氏の妻。何にしろ、「トートバッグ」の件は部下たちに聴取し、早めに釈明した方がよさそうだ。


有名なセンセイが部下の仕事をパクって自分の手柄にすることや、面倒な問題が起こった時にはそれを部下のせいにするのは、どこの世界にも良くある話です。「クリエイター」の世界も研究の世界とよく似ているのかもしれません。捏造事件を思い浮かべてしまいます。

こういう場合のメディアへの対応のやり方としては、ただ「事実確認を進めています」とだけ言って、後はどんなに徴発されてもノーコメントを貫くべきです。

そして、どのデザインを誰が担当したか、本当にパクリがあったか、佐野氏がそれに気づいていたか、などの事実を確認して文書にまとめ、「xxx談話」のように何度も何度も遂行してから発表するのが良いと思います。