新国立競技場をゴリ押ししたのは森喜朗元首相? ハディド案以外の代案もある?

当初、7月7日の有識者会議を欠席して、下村文科相などの非難をあびていた委員長の安藤忠雄氏は、「何でこんなに増えてるのか、分からへんねん」とコメントしたそうです(記事をみる)。この記事によると、安藤氏は「コンペの与条件としての予算は1300億円であり、応募者も認識しています。提出物には建築コストについても示すように求められていました。それは当然評価の一つの指標となりました」と明記しているそうです。有識者会議を欠席したのも、周囲からの圧力によるらしい。安藤さんは利用されただけのようです。

そうすると、いったい誰が新国立競技場2520億円をゴリ押ししたのでしょう?安倍首相は、当時政権を担当していた民主党に決めた責任があると言っているそうですが、「新国立競技場2520億円をゴリ押ししたのは誰か」という記事には、森喜朗元首相が犯人のように書かれています。しかし、「サメの脳みそ」でそこまでは考えられないはずなので、たぶん、森元首相の周辺が怪しいのでしょう。今後は、打たれ強い森さんをスケープゴートにして、その「周辺」を隠そうとする動きが強くなるような気がします。

安倍首相は国会で、「これから国際コンペをやって、新たにデザインを決めて、基本設計を作っていくのでは時間的に間に合わない」と答弁したそうで、もう引き返せない雰囲気になっていますが、コンペをやる時間がないだけの問題なら、池田信夫氏が書いているように、「今から新たにコンペをやる必要はない。前のコンペで第2位になった案を採用すればいい」だけの話のようにも思えてきます(記事をみる)。

いずれにしても、誰がみても無茶苦茶な「新国立競技場2520億円」をゴリ押しすることは、はるかに重要な「安保法案」もゴリ押ししている印象を国民に与えてしまうので、ハディド案を早く引っ込めるのが、政府にとって得策だと思います。