男性型脱毛症(AGA)をめぐる製薬会社の戦い

薄毛薬でファイザーが後発品 バイアグラの敵を討てるか
以下は、記事の抜粋です。


2005年の販売開始以来、10年にわたり市場を独占していたMSDの男性型脱毛症(AGA)治療薬「プロペシア」。その日本初のジェネリック医薬品「フィナステリド」が、ファイザーから4月6日に発売された。

発売日からの1週間。新宿ウェストクリニックでは、プロペシアの販売数が約3000錠だったのに対し、ファイザーの後発品は約4万錠。その理由は、価格にある。東京都内のプロペシアの相場は1カ月分(1ミリグラム28錠)で7000~8000円だ。これに対し、ファイザーの後発品は5500~6000円と、3割ほど低く抑えられている。

一方で、ファイザー、MSDが共倒れする危険性もある。グラクソ・スミスクラインが、前立腺肥大症治療薬「アボルブ」(一般名・デュタステリド)を、AGAの“新薬”として申請中だからだ。プロペシア(フィナステリド)より治療効果が高いと目されており、承認されれば市場を一気に席巻しかねない。承認は早くとも来年以降とみられているが、AGAをめぐる製薬会社の戦いは混戦となりそうだ。


AGAによると思われる薄毛に悩み、外来でプロペシアを処方されて順調に増毛していた若者が、結婚が決まった彼女に「お金がかかるし、もうモテなくてもいいでしょ!」と言われて、投薬を中止した例があります。5000円以下の勝負になれば、良いか悪いかは別として、社会的影響も大きいと思います。