配偶者の喫煙で乳がん発症リスクが約2倍に!?

配偶者の喫煙が関連 日本人女性の乳がん発症
以下は、記事の抜粋です。


女性の12人に1人が罹患する乳がん。増加傾向には、確実に脂肪過多の食生活や飲酒が影響しているといわれている。しかし、発がんリスクの筆頭にあげられる「喫煙」との関係については、長らく曖昧なままだった。

ところが今年1月、日本の集団疫学研究である「高山スタディ」から、乳がんと喫煙に関する報告が出された。しかも、本人ではなく、夫の喫煙との関連で。

今回の報告は、92年9月から2008年3月までの期間、35歳以上の女性1万5719人を追跡し、乳がん発症と喫煙との関連を調べたもの。

『夫』の喫煙との関連を解析したところ、妻本人がたばこを1本も吸わなくても、夫が1日に21本以上たばこを吸っている夫婦では、夫も非喫煙者である夫婦に比べて、妻の乳がん発症リスクが1.98倍に上昇することが判明したのである。

喫煙者の旦那さま方も、自分の肺がんリスクは意識するかもしれないが、まさか妻の乳がんリスクとは思わなかったろう。


コホート研究なのでエビデンスレベルが低いのと「『本人』の喫煙と乳がん発症との関連は認められなかった。」というところが少し引っかかりますが、夫にタバコをやめさせる理由としては説得力がある記事だと思います。

ただ、岐阜大のホームページをみても論文になっているのかどうかもわかりません。結論の正しさを確認するためにも、本人の肺がんなどを含む乳がん以外のがんの結果も知りたいところです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. あ* より:

    SECRET: 0
    PASS:
    「『本人』の喫煙と乳がん発症との関連は認められなかった」のであれば、
    フィルターを通したタバコの煙のほうが副流煙よりも害が少ないか、
    非喫煙者の奥さまへの気遣いがないような夫を持つと、生活全体がストレスに満ちて、副流煙で痛んだ肺が休息によって回復せず肺がんにもなりやすいか…
    いろいろ考える必要がありますね。