WHO、インフルエンザはワクチンで予防不可と結論?ワクチン接種を推奨している? どっちが本当?

WHO、インフルエンザはワクチンで予防不可と結論 病院は巨額利益、接種しても感染多数

現在、上のBusiness Journalのサイトには「1月23日に掲載致しました本件記事につきまして、現在追加取材中につき一時的に非公開にしております。」という文しかみることができないので、長いですが原文をそのまま紹介します。


インフルエンザが猛威を振るっており、昨年後半から1月16日までに病院で受診した患者は600万人を超えた(厚生労働省調べ)。

そんなインフルエンザへの感染を避けるため、ワクチンを接種する人も多いが、実はワクチンは感染を防ぐ効果はほとんどないことが判明した。

厚労省のホームページを見ると、「インフルエンザワクチンの予防接種には、発症をある程度抑える効果や、重症化を予防する効果があり、特に高齢者や基礎疾患のある方など、罹患すると重症化する可能性が高い方には効果が高いと考えられます」と書いてあり、ワクチンの効果を「ある程度」認めている。

しかし、国立感染症研究所の調査によって、昨シーズンA香港型のワクチンを接種した人でも、A香港型のインフルエンザに感染した人が多くいたことが明らかになった。以前からワクチンの効果について疑問視する声は医師の間から上がっていたが、同研究所は、効果が低かった理由を製造工程にあるとし、見直しを検討している。

国は、シーズンごとに流行する型を予測し、ワクチンをつくるウイルスを選定する。ワクチンメーカーは、そのウイルスを鶏の有精卵で培養して免疫成分を取り出す。

同研究所が調べたところ、実際に流行したA香港型と、ワクチン用に培養したウイルスでは、遺伝子配列が大きく異なっていたという。卵を使って培養すると、その工程で変質することが知られており、昨シーズンのウイルスは特に大きく変質したことで効果が下がったと同研究所はみている。

ワクチンには予防効果がない

その一方で、東京都内で内科医を開業する医師は、ワクチンそのものに疑問を投げかけている。「世界保健機関(WHO)のホームページを見ても、『ワクチンで、インフルエンザ感染の予防はできない。また有効とするデータもない』と書いてあります。そもそも、インフルエンザはA香港型、Aソ連型、B型などと分類しますが、同じ型であってもウイルスは細かく変異を続けているため、ぴったりと当てはまる型のウイルスを事前につくり出すことは事実上不可能です」(内科医)

つまり、流行するウイルスの型を正確に予測することはできないのに、ワクチンを製造して希望者に接種しているということになる。インフルエンザ予防にはワクチンが有効だと考えている人は多いですが、はっきり言って妄想です」(同)

ではなぜ、効果がないにもかかわらず、ワクチン接種が定着しているのだろうか。その理由について前出の内科医は次のように述べる。「ワクチンは毎年約3000万本製造されています。また、巨額の税金をつぎ込み、輸入もしています。5年前、国内の在庫が足りずに慌てて輸入したところ、ワクチンが届くころにはインフルエンザが終息し、大量の在庫を抱えたことがありました。毎年一定量のワクチンを使用することで、備蓄量をコントロールしたいとの政府の思惑も働いていると考えられます。また、インフルエンザがはやる季節には、ワクチンだけで小さな病院でも数百万円、大病院では数千万円の利益になります。病院にとってワクチンは安定収入を得る手段になっているのです」

国立公衆衛生院(現・国立保健医療科学院)の疫学部感染症室長を務めたこともある医師の母里啓子氏は、著作『インフルエンザワクチンは打たないで』(双葉社)の中で、衛生研究所の調査によると予防効果はないと断言している。一部の医師は20~30%は予防効果があると主張しているが、母里氏はそれすらも否定しているのだ。また、老人ホームで行った調査で、50~60%重症化を防ぐ効果があったとするデータがあり、それをワクチン接種の意義と唱える医師も多いが、母里氏は脳症などの重症化を防ぐ効果はまったくないと述べている。

つまり、ワクチンを打つことの是非は意見が分かれるところだが、予防効果には多少疑問がある。それどころか、毎年ワクチンの副作用によって死者も出ている。惰性で接種するのではなく、熟慮の上で判断するようお勧めしたい。


WHOの見解とされるのは、上の『』内だけです。記事の大半は、「東京都内で内科医を開業する医師」が述べたとされることと「編集部」によるものです。一方、上の記事を批判する下のような記事も出てきました。


WHOはインフルエンザワクチン接種を推奨している

以下は、記事に書かれている、WHOのサイトの訳の抜粋です。


インフルエンザおよび/またはそれによる重篤な転帰を防ぐのにもっとも有効な手段は予防接種である。
WHOは以下の人に対して毎年予防接種することを推奨する。

妊娠のすべての段階にある妊婦
生後6ヶ月~5歳の子ども
高齢者(65歳以上)
慢性疾患のある人
医療従事者


記事には、「WHOの『結論』は、『ワクチンでインフルエンザは感染予防不可能』ではなく、『妊婦、高齢者、子ども、慢性疾患のある人、医療従事者は毎年予防接種することを勧める』です。」と書かれています。私もそう思います。もうすぐ、Business Journalには、お詫びの記事が載ると思います。もっともらしい記事を信じてはいけない典型的な例だと思います。

この記事を書いた後で、ウェブ魚拓に元記事が残っていることに気づきました(元記事をみる)。