ザトウクジラのチームプレイによる追い込み漁

チームプレイで泡の壁を作り魚を追い込む、ザトウクジラのハンティング「バブルネットフィーディング」
以下は、記事の抜粋と動画です。


ザトウクジラは餌を取る時に「バブルネットフィーディング」という行動を行う。数頭から十数頭でチームを組み、魚の群れの周りを円を描くようにまわりながら泡を吐き出して、魚を一か所に追い込んでいくのだが、このとき、メンバーがうまくタイミングを合わせるられるように、リーダーとなったクジラが声を発しながら行う。

螺旋状に旋回しながら発した泡は魚の群れを取り囲む。逃げ場を失った魚達の真下から、ザトウクジラチームは、口を大きく開け猛烈な勢いで突進浮上し、一気に呑みこんでいく。



確かに高度なチームワークで成立する漁だと思います。以下の動画はグリーンピースが投稿したザトウクジラの「声」です。

https://www.youtube.com/watch?v=laubWdZD1Jw

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする