解熱薬の投与は熱性痙攣リスクを下げない

解熱薬の投与は熱性痙攣リスクを下げる?⇒ × 熱性痙攣を予防するエビデンスはない
以下は、記事の抜粋です。


解熱薬が熱性痙攣を予防するエビデンスはない。

発熱は体内の防御反応であるため、解熱すると罹病期間が延長するというデータや、合併症が増えるというデータがある。

一方で、子どもの機嫌が悪かったり痛みで夜間睡眠が取れないようであれば、保護者が精神的にも疲弊する恐れがある。


私はなんとなく、解熱すれば熱性痙攣リスクが下がると思っていました。結局、大人でも子供でも(妊婦は除いて)、解熱する理由は社会的ニーズだけのようです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする