アルツハイマー、血液で判別?

アルツハイマー、血液で判別…長寿医療センターなど
以下は、記事の抜粋です。


国立長寿医療研究センターなどの研究チームは、アルツハイマー病の発症前に、原因たんぱく質の状態が分かる血液中の目印を見つけたと発表した。発症の兆候を少量の血液で見つける可能性につながる成果で、11月11日日付の日本学士院の学術誌に掲載される。

アルツハイマー病は、原因たんぱく質「アミロイドβベータ」が脳内にたまり、脳が萎縮して起こるとされる。アミロイドβが蓄積し始めてから発症までに15~20年要すると考えられている。脳内のアミロイドβの蓄積を調べるには従来、脊髄に針を刺して脳脊髄液を採取するなど患者の負担が大きかったり、大がかりな画像診断機器が必要だったりするのが課題だった。

今回の研究では血液中の微量のアミロイドβ関連物質の増減を調べることで、脳内のアミロイドβの蓄積を確認できることが判明。アルツハイマー病やそうでない人を含む65~85歳の62人を対象に解析した結果、脳内の画像診断の結果と92%以上の精度で一致した。

柳沢認知症先進医療開発センター長は「0.5ccの血液があれば、発症前のアルツハイマー病の兆候を見つけられる可能性がある。発症予防や治療薬の開発につなげたい」と話している。


元論文のタイトルは、”Novel plasma biomarker surrogating cerebral amyloid deposition”です(論文をみる)。

ノーベル化学賞の田中氏らが開発したimmunoprecipitation-mass spectrometryという方法を用いて、血中でのAβ1-40、Aβ1-42、さらに前駆体蛋白(APP: amyloid β protein precursor)からできる様々な分解産物を測定したところ、なぜか APP669-711(669~711のペプチド)とAβ1-42の比、APP669-711/Aβ1-42、がPETで調べた脳内でのアミロイド蛋白の沈着と強い相関を示したという話です。

それで、論文のタイトルは、「脳内アミロイド沈着の代わりに使える新しい血清バイオマーカー」です。タイトルは良いとしても、どうしてこれが「アルツハイマー病の発症前に、原因たんぱく質の状態が分かる血液中の目印を見つけた」ことになるのでしょう?こんなマーカーでアルツハイマー予備軍にされるのは嫌です。