この記事はウソです―エボラ対策 ウィルス殺菌99%の日本製マスクが救世主

エボラ対策 ウィルス殺菌99%の日本製マスクが救世主
以下は、10月24日のサンケイ新聞に掲載された怪しい記事です。


西アフリカで猛威をふるうエボラ出血熱の院内感染対策として、愛知県の民間企業がエボラウイルスを殺菌できるマスク計1万枚をリベリア、ギニア、コンゴの3カ国に寄贈した。防護服などの支援を行っている外務省も注目している商品で、日本の技術力が改めて評価されそうだ。

開発したのは愛知県豊橋市のフィルター製造会社「くればぁ」。同社は独自技術を駆使し、エボラウイルスの粒子を食い止め、仮にウイルスが付着した場合でも99%殺菌できるマスクの製造に成功した。

海外メディアの報道を受け、9月中旬にギニア政府から提供要請があったことが寄贈のきっかけ。同社は3カ国の駐日大使らを通じ、22日に出荷を終えた。

洗浄して何度でも繰り返し使えるのが特徴で、1枚7980円で販売中。同社の担当者は「追加支援も検討している」としている。


どう考えてもこんなマスクあり得ないでしょう!!

ウソである理由は、以下のtogetter記事をご覧ください。

「エボラ対策 ウィルス殺菌99%の日本製マスク」の実態:病原微生物はスギ花粉やPM 2.5とは訳が違う

外務省が注目しているとすれば、「怪しい」と思って注目しているのでしょう。「日本の技術力が改めて評価されそうだ」とサンケイの記者は書いていますが、むしろ騒ぎに便乗した「詐欺商品」として評価が下がると思います。