ストレス → 過食+脂肪代謝の低下 → 肥満

ストレスが女性の体重増の原因に
以下は、記事の抜粋です。


精神的ストレスが女性の代謝を低下させ、体重増へと導くことが、オハイオ州立大学Janice Kiecolt-Glaser氏らの研究から示唆された。

研究では、米国人女性58例(平均年齢53歳)を被験者として、前日のストレスレベルをたずねたほか、1食あたり脂肪60gを含む総エネルギー量930kcalの食事を提供し、同エネルギーおよび脂肪の燃焼にかかる時間を測定した。

その結果、24時間以内に1つ以上のストレス事象を経験した女性では、ストレス事象がなかった女性に比べ、食後7時間のエネルギー消費量(安静時)が平均104kcal少ないことが明らかになった。この消費エネルギー量の差は1年で11ポンド(約5kg)の体重増に相当した。また、ストレス事象を経験した女性では、脂肪の貯蔵に寄与するインスリンの濃度も上昇していた。


元論文のタイトルは、”Daily Stressors, Past Depression, and Metabolic Responses to High-Fat Meals: A Novel Path to Obesity”です(論文をみる)。

ストレスはこれまで、過食(いわゆる「ストレス食い」)をひきおこすために肥満の原因になると考えられていたが、脂肪の代謝まで低下させるというのが今回の報告です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. うさ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    ヒエ~))))) 恐ろしや~(-_-)/~~~ピシー!ピシー!