閉経前乳がん患者に対するアロマターゼ阻害剤と卵巣機能抑制の併用

Adjuvant Exemestane with Ovarian Suppression in Premenopausal Breast Cancer

エストロゲンは、正常な乳腺の発達だけではなく乳がんの発生にも貢献しており、エストロゲン血中レベルの高い女性は乳がんリスクが高いとされています。ヒト乳がんの3分の2以上がエストロゲン受容体を発現しており、このような乳がんではエストロゲン・シグナルの遮断ががん治療の基本です。

閉経すると、卵巣からのエストロゲン分泌はなくなりますが、副腎皮質で分泌されるアンドロゲンを各臓器や脂肪組織にあるアロマターゼがエストロゲンに変換し、これが乳がんの再発を促進します。アロマターゼ阻害剤は、この働きを阻害してエストロゲン産生を抑制し、乳がん細胞の増殖を抑えます。実際、閉経後のエストロゲン受容体陽性乳がんの補助療法としてには、タモキシフェンよりもアロマターゼ阻害薬の方が転帰が改善することが知られています。

本論文は、アロマターゼ阻害薬の一つであるエキセメスタン(exemestane)の閉経女性における乳がん予防効果を調べたものです。卵巣機能を抑制して、偽閉経状態を作り出すことで、タモキシフェン+卵巣機能抑制を用いた場合よりも再発率が有意に低下したことが報告されています。

乳がん治療における有効な治療手段が一つ増えそうです。

関連記事
アロマターゼ阻害薬エキセメスタンによる閉経後女性の乳癌予防―進行型乳がんの発生を65%抑制