グルメサイト:Retty 月間利用者300万人突破

グルメサイト:Retty 月間利用者300万人突破
以下は、記事の抜粋です。


「ぐるなび」や「食べログ」に続くグルメ情報サイトとして注目されている「Retty」の月間利用者数が300万人を超えた。Rettyは2011年6月にサイトを開設した。実名型グルメ情報サイトとして、友達や信頼できる人による「実名口コミ」のおすすめからレストランなどを探す方式で評価を得ている。

会員らが実名で料理やお店の情報などを投稿し、現在、口コミ数は90万件超、掲載されているお店は19万店舗にのぼる。月間利用者数も急成長を続け、昨年6月の34万人から昨年10月に100万人を超え、半年間で300万人を突破した。

スマートフォン用アプリは、アップストアとグーグルプレイからダウンロードできる。パソコンからも利用可能。


内藤 忍氏が「食べログの『点数』でお店を選ぶとナゼ失敗するのか」で書かれているように、匿名で評価を投稿する「食べログ」などのサイトでは、玉石混交のレビュアーが、高級店から大衆店までを1次元の点数だけで評価するため、「4.0」とか「3.1」とかの点数の信頼性が低く、それぞれの店の点数が自分の印象と乖離していることもよくありました。

一方、上の記事で紹介されたRettyは、投稿は実名に限られ、facebookあるいはtwitterのどちらかのIDを使わないと投稿できません。評価も点数ではなく、3種類の顔文字(おそらく、「良い」、「普通」、「悪い」の3段階を表している)から1つを選びます。ほとんどの店は「良い」か「普通」のどちらかです。おそらく、ある程度良いと思った場合だけ投稿することになるのでしょう。

投稿者のランキングが公開され、フォローすることもできます。とりあえず、アプリをダウンロードしました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする