猫が猛犬に体当たり、飼い主の子ども救う

猫が猛犬に体当たり、飼い主の子ども救う 米
以下は、記事の抜粋と動画です。動画は他にもたくさんアップされています。


米カリフォルニア州ベーカーズフィールドで、幼児を襲った犬に飼い猫が体当たりして撃退し、幼児を救う出来事があった。現場の防犯カメラがその一部始終をとらえて話題になっている。幼児は軽傷を負ったが元気だという。

男の子は5月13日、駐車場で自転車に乗って遊んでいたところ、付近をうろついていた犬が車の背後から現れ、男の子に襲いかかった。男の子が足を噛まれて倒れたところへ猫が飛び込んできて、男の子を引きずろうとする犬に猛烈な勢いで突進。驚いて逃げた犬を追いかけ、犬が走り去るのを見届けて戻った。

お手柄の猫はこの男の子の家族の飼い猫「タラ」だった。母親のエリカ・トリアンタフィロさんはCNN系列局KEROの取材に対し、男の子は数針縫うけがをしただけで済んだものの、もっと大変なことになっていたかもしれないと語った。母親によれば、男の子を襲ったのは近所の住人の飼い犬だという。


イヌがこれほど悪役になった動画をみたのは初めてです。ネコにも驚きましたが、防犯カメラがこんなにたくさん設置されているのにもっと驚きました。防犯カメラさえなかったら、イヌも即殺されることはなかったでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする