下取りされたiPhone4sにApple保証サービスが課金されていました

以前の記事で、「ショップの説明ではいろいろな割引があり、4sをそのまま使い続けていたよりも1ヶ月あたりの維持費は減ると理解しましたが、誤解かもしれません。」と書きましたがやはり誤解でした。今年1月の請求額は、11月9日に機種変更する前よりも2千円近く高くなっていました。

請求書をよく見ると、上の写真のような項目があり、「Appleサービス」なるものに1190円も払っていることがわかりました。ネットで解約しようとしたのですができなかったので、auの総合受付(157)に電話したところ、電話では解約できないのでショップへ行けと言われました。

ショップへ行くと解約できたのですが、驚いたことに、5sだけではなく昨年の11月に下取りしてもらったはずの4sにも「保証延長サービス」が課金されていたことが判明しました。ショップも自分たちのミスであることは認めたのですが、返金しようとはせず、ただ謝るだけでした。

翌日、auの総合受付(157)に聞くと、「Appleのことなのでわからない」とか「ショップの問題で対応した店員の名前はわかるか?」などなど言われ、こちらも謝るだけでした。結局、早めに気づいてよかったと自分を慰めて泣き寝入りしました。今後はできるだけショップを使わず、ネットで機種変更しようと思いました。

関連記事
iPhone5sに機種変更しました

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. より:

    SECRET: 0
    PASS:
    なんかややこしそうですね。そのうえショップがミスするなんて。
    私も4sから5sに変えようとしていましたが、Appleケアは死角でした。ただでさえ分かりにくいのに。

  2. ちび より:

    SECRET: 0
    PASS:
    たまたまネットの検索からきました。
    今月料金が高くて請求書を見たら同じ様な請求額でした!
    まさか機種変更して全く使っていないものに課金されているとは…
    とても参考になりました、明日携帯ショップに行ってきます!