マーケティングの失敗?

ユニクロ「最貧国進出」の大誤算 現地向け新商品が全く売れないワケ

以下は、記事の抜粋です。


ユニクロが2013年夏、「世界最貧国」と言われるバングラデシュに進出した。その様子がテレビで放送されたのだが、そのマーケティング力に対し「大丈夫なのか!?」といった声が出ている。

現地向けに開発したイスラム風の女性服が売れない。日本の女性スタッフが半年かけて現地女性にリサーチを行い、好意的な反応を得ていたのにもかかわらず、全く売れないのだ。

「これはおかしい」と思い、さらにリサーチを進めた。するとバングラデシュの女性が、なんと「民族衣装しか着ない」ことが発覚したのだ。現地の女性にクローゼットの中を見せてもらうと、カジュアル服を持っていたのは10人中1人しかいなかった。

ネット上でも、こんな声が挙がっている。「ユニクロのマーケって結構ずさんだな」「寺に飛び込みで育毛剤のセールスするレベルw」「まったく売れそうにない見当違いの戦略商品を半年掛けて開発販売してるユニクロがアホぽくみえた」

一方で、ユニクロのような企業はスピードが命とも言える。とりあえず進出して、問題があったら随時修正していく、というのもありうるやり方だろう。


私もバングラディシュに行って、スーパーの店員さんを含むほとんどの女性が民族衣装を着ていることに驚きました。確かに民族衣装は綺麗でお洒落です。しかし、現在平均寿命が57歳という人口分布やインターネットの普及もまだまだであることを考えれば、私はこの進出は正解だと思います。近い将来、バングラディシュの女性もカジュアル服を着て外出するようになると思います。

バングラディシュは「世界の縫製工場」で、大量の衣料品が輸出されています。作ったイスラム風の女性服はパキスタンあたりで売れるかもしれないし、倉庫でしばらく寝かせていても良いかもしれません。あるいは、変わったデザインがうけて日本で売れるかもしれません。私自身も民族衣装風のシャツが気に入ったのでAarongで数着購入しました。

マーケティングの失敗だとしても、アップルよりはずっとマシだと思います。

iPhone 5cの生産を停止して5sへ振り分ける方針が伝えられる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. SECRET: 0
    PASS:
    しょーこです!takさんって本当に面白いブログ書かれますねイ━[・ω・]━[ω・]━[ ・]━[ ]━[ ]━[・ ]━[ω・]━[・ω・]━イ!!恥ずかしながら人のブログにコメントするの初めてです(*´∀`)bちょっと照れるけど、takさん本人がどんな人なんだろうって思うようになってきて…(*ノωノ)キャー無理だったらいいんですけど、友達になれませんかσ(Д・`)気軽にメール欲しいです(*´∀`)待ってます!ドキドキしながら(+´∀`+)