ガジャマダ(Gajah Mada)大学医学部に行きました

大学の名前は、14世紀のジャワ島に君臨したマジャパヒト王朝の名宰相、Gajah Mada氏に由来しているそうです。緑あふれる広大なキャンパスに18の学部がバランスよく配置されています。以下は、医学部を訪れた時に撮った写真です。
ちょうど卒業式で、医学部の本部前では記念写真を撮っているグループがありました。本部の玄関には、予定を放送するテレビも設置されています。



正面の建物は医学部の講義棟です(上)。遠隔授業システムも完備した階段教室(下)。5地点まで結んだ遠隔授業が可能です。



図書館の受付(上)。CBT用の部屋、ちょうど試験中でした(下)。



英語で授業が行われる国際コース学生用の建物の中にスキルス・ラボがあります。スキルス・ラボは神戸大学よりもはるかに充実しています。神経、救急、消化器、などのラボが別々の部屋に別れています。写真は産婦人科のラボ。



医学部ITセンターの建物(上)。ITセンターの受付(下)、立派です。



ITセンターのオフィス(上)。e-learning教材もスタッフが自作しているそうです(下)。ヒジャブ姿のIT担当者は、同大日本語学科の出身だそうです。



チュートリアル教室(上)、医学部の建物群の間は緑がいっぱいです(下)。



CBTが行われていた図書館の中庭も緑があふれています(上)。講義棟の前にあった花キリンと思われる植物、綺麗な花が咲いています(下)。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする