英のはしか流行、ワクチン問題視した15年前の論文に翻弄されて

英のはしか流行、ワクチン問題視した15年前の論文に翻弄されて
以下は、記事の抜粋です。


アリシア・ジェンキンズさんの耳の後ろに特徴的な発疹が現れたとき、祖母のマーガレット・マグフォード さんは自分が15年前に下した決断がその原因であることにすぐに気づいた。

ジェンキンズさんが乳児だった1998年当時、ウェールズ南西部に位置するこの地域は、はしかとおたふく風邪、風疹の3種混合ワクチン(MMR)への抵抗が特に強かった。英国人医師アンドリュー・ウェイクフィールド氏がこのワクチンが自閉症を引き起こす恐れがあると示唆すると、地元紙がさかんに書き立てて、多くの親が子どもにこのワクチンの接種を受けさせなかった。この主張の誤りが証明されたあとも、抵抗は続いた。

そのつけを払うときがやってきた。はしかが流行したのだ。ウェールズ南西部では昨年11月から今年7月初旬にかけて、1219人がはしかに感染した。2011年のウェールズ地方全体のはしかの感染者数は105人だった。

感染者の1人がジェンキンズさんだ。保護者である祖母のマグフォードさんはジェンキンズさんが子どもの頃、予防接種を受けさせなかった。「自閉症が怖かった。新聞でもテレビでも報道していたから」と63歳のマグフォードさんは語った。


真夏ですが、「寂しさに 宿を立ち出でて 眺むれば いづこも同じ 秋の夕暮れ」の歌を思い出してしまいました。ヒトは何度も同じ過ちを繰り返す生き物のようです。

ウェールズの医師ダイ・ロイド氏の言葉、「予防接種は人間が発明した健康対策の中で最も優れたもののひとつなのに、予防接種そのものに反対する人が少数ながらまだ残っているようだ」に同感です。プレイボーイの元モデルで女優のJenny McCarthyさんは、ワクチン全般に懐疑的だそうです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする