大清花餃子

瀋陽に来ています。中国の餃子はおかずではなく白飯とならぶ「主食」です。珉珉や王将のように、「餃子とビール」という食べ方はしません。水餃子が中心で種類も非常に豊富です。今回は、有名な「老辺餃子」よりも美味しいといわれる「大清花餃子」に行きました。餃子だけではなく、東北料理もいろいろあります。

店の入り口、清の全盛時代の皇帝として有名な乾隆帝の絵があります(上)。店内の装飾も清時代を意識しています(下)。



メニューは中国語しかありません。いろいろな種類の餃子があることはわかります(上)。一見普通の水餃子ですが、具は魚です。これは美味(下)。



緑色の餃子。皮の緑はホウレン草由来だそうです。中身はマッシュルームでした。意外に美味(上)。焼き餃子。フライパンの底に張り付いたものを逆さにしています。見た目が美しい。具はトマトです(下)。



以下は、東北料理です。豆の粉で作ったゼリーのようなものを中心としたサラダ(上)。下のようにゴマのタレをかけて混ぜて食べます。my favorite。



骨付き肉を煮込んだもの。ヒトなら大腿骨遠位端らしきものがみえます(上)。骨髄を吸うストローも出てきます(下)。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ゆう より:

    SECRET: 0
    PASS:
    餃子大好きです!!
    中国では 餃子が主食級なんですね☆
    それにしても 餃子にも色んな種類があるなんて…
    全部は無理でも食べてみたいです(*^^*)
    takさん いいな~o(>_<)o

  2. やす より:

    SECRET: 0
    PASS:
    私は今日たまたま、「餃子まんじゅう」(日本製)をいただいて食べました。
    餃子そっくりですが、普通の白あんのおまんじゅうです。
    池袋土産です。