加糖したソフトドリンクを毎日飲むと…糖尿病リスクが約2割上昇する

加糖炭酸飲料を毎日飲むと…糖尿病リスク上昇
以下は、記事の抜粋です。


1日1杯の加糖炭酸飲料で、糖尿病になるリスクが高まることがわかった。たった350mlほどの加糖炭酸飲料を毎日飲むと、一般的な糖尿病である2型糖尿病になりやすくなるとの研究結果がDiabetologia誌で発表された。Romaguera氏らによる今回の研究では、砂糖の摂取が体重増加と糖尿病の両方に影響を与えるという証拠を収集。公共政策論議をヒートアップさせる結果となっている。

加糖飲料を摂取すると血糖値とインスリン分泌量が急上昇し、インスリンの機能低下を招くという。これが糖尿病を引き起こすメカニズムの1つだ。Romaguera氏は「多くの人々が加糖飲料の危険性に無頓着なのは、憂慮すべきこと」と語った。

研究では果汁飲料、濃縮果汁飲料、加糖炭酸飲料、人工甘味料入り飲料それぞれの消費量データを、がんと食物などの関連性を調べる「欧州がんと栄養予測調査(EPIC)」プロジェクトに参加する8つの患者団体を対象に集めた。総エネルギー摂取量やBMIなども考慮して結果を調整すると、1日1杯の加糖炭酸飲料で2型糖尿病にかかるリスクが18%高まることがわかった。たとえ太らなくてもリスクが高まることに変わりはないという。

人工甘味料入り飲料の場合は、BMIを考慮すると糖尿病との関連性は見られず、また天然果汁飲料、濃縮果汁飲料および果汁飲料には糖尿病との大きな関連性は見られなかった。

ニューヨーク市は今年3月、加糖炭酸飲料の販売規制計画を否決する判決に異議を申し立てた。同市保健委員会はこの計画を承認しており、「消費者には選ぶ自由がある」とするレストランや飲料メーカーなどの主張を退けている。英製薬会社グラクソ・スミスクラインは、飲料ビジネスを売りに出す計画を発表した。


元論文のタイトルは、”Consumption of sweet beverages and type 2 diabetes incidence in European adults: results from EPIC-InterAct”です(論文をみる)。論文には”sugar-sweetened soft drinks”と書かれているので、どんなものがあるのか知りませんが、炭酸飲料以外も含まれていると思います。日本ならカルピス・ウォーターとかでしょうか?

また、加糖したソフトドリンクが2型糖尿病リスクを増加させることはアメリカでは既に確立されていて、本論文はヨーロッパでも同様であることを確認した論文だということです。北米では糖尿病リスクを25%増加させたそうです。

本筋ではありませんが、ニューヨーク市が加糖炭酸飲料の販売を規制しようとしているというのはすごい話ですね。全然知りませんでした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする