荒牧陽子

数日前、友人から”荒牧陽子”と題する以下の様なメールをもらいました。


昨日の晩たまたまyoutubeでみつけたんですが、まさに鳥肌、たまげて朝まではしご見し続けてしまいました。この人かなり有名みたいなんで、先生はしっておられるかもしれませんね。もうほんとあらゆる歌手のものまね、しかもオリジナル以上の歌唱力と表現力といって過言ではないのではと。

レディガガや八神純子のものまねまでできるひとなんて、いると思わなかったです。以前に青木隆治っていうひとのyoutubeのビデオみて、こんなひともいるんだとおもいましたが、それをずっと越えてますよ。この人でも10年間歌手になれなかったって、どんだけきびしい世界なんだろう。


という事で「荒巻陽子」と「荒牧陽子 レディーガガ」でサーチしてみました。以下の3つをみました。



感想としては、やはり歌手の命は「うまさ」ではなく「声」だということです。「うまさ」は改善できても「声」は変えられません。真似ようとして出した声ではなく、自然に出す声が魅力的でなければ歌手としては成り立たないと思います。例えばMuddy Watersはステージに立って、声を聴くだけで身もだえしてしまいます(Muddyの歌を聴く)。

ということで、この「荒牧陽子」さんは地声が魅力的でないことが10年間歌手になれなかった理由だと思います。多くの歌がうまい歌手志望のヒトがプロ歌手になれないのは、この理由だと推察します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする