Chiang Maiで食べたもの その2

昨日の続きです。

地元の人にチェンマイでベストというカオソイの店に連れて行ってもらいました。ただし、看板もメニューもタイ語でしか書かれていなかったので、店の名前はわかりません。店の看板(上)。カオソイの上に薬味の皿が乗って出てきます(下)。

上と同じ店のブタ肉(?)の串焼き(上)。タレ(手前)とキュウリ(?)のセットで出てきます。ブタを食べたら、その串をつかってキュウリを突き刺して食べるのがチェンマイでの流儀のようです。焼いているところ、炭を使っていました(下)。


雲南料理の店のメニュー(上)。ジャガイモを細く切った炒め物(下)。


英語のメニューには、forest fern shoot(上)、steamed goby fish in lemon chillie sauce(下)と書かれていました。魚が美味しかったです。


大豆と卵の焼き飯(上)とそのメニュー(下)。タイの焼き飯は全般に美味しい。


屋台で売っている絞りたてのフルーツジュース。オレンジとパッション・フルーツの2種類があり、パッション・フルーツを選びました。タネがストローに詰まります。


ホテルの近くにある”My Vietnam”というベトナム料理屋に行きました。野菜がたくさん出てきてヘルシーな感じですが、どう食べるのかはイマイチ不明。


エビのサラダ。タレが絶妙です。エビと野菜が葱で括られています(下)。

とても綺麗で美味しい焼き飯(上)。上に載っているのはロースト・ニンニクです。下は蒸し春巻き。いかにもベトナム風です。魚の味がしました。