禁煙、まだ間に合う? 40歳までなら余命正常化

禁煙、まだ間に合う? 40歳までなら余命正常化
以下は、記事の抜粋です。


The New England Journal of Medicine誌は1月24日、40歳前後までに禁煙に成功した人は、喫煙により縮んだ平均余命を、非喫煙者並みに取り戻せるとする米国やカナダの専門家による研究結果を掲載した。

喫煙者の平均余命は、喫煙したことがない人に比べて10年以上短くなるが、34歳以下で禁煙に成功した人は喫煙を続ける人より平均余命が10年長くなり、まったくたばこを吸ったことがない人とほとんど同じ生存確率を示したという。

禁煙に成功した年齢が35~44歳の場合でも喫煙を続ける人より平均余命が9年長くなる。45~54歳の場合で6年、55~64歳で4年、平均余命を取り戻せるという。しかし、肺がんなどのリスクは禁煙後も長期間続くため、分析に当たった専門家は「40歳までなら吸っても大丈夫」などと安心するべきではないとくぎを刺している。


元論文のタイトルは、”21st-Century Hazards of Smoking and Benefits of Cessation in the United States”です(論文をみる)。

関連記事1の論文では、40歳までにタバコを止めれば喫煙による死亡リスクを9割避けられ、30歳までに止めた場合は死亡リスクを97%避けられるとしています。上の記事よりも少し厳しい結果です。また、50歳台、60歳台および70歳台で死亡した喫煙イギリス人女性の2/3の死因はタバコによるものだとしています。

関連記事2では、60歳以上の非喫煙者に比べて喫煙者では、全死因による死亡リスクが83%高かく、禁煙は常にベネフィットをもたらし、元喫煙者は喫煙歴のない人に比べて死亡リスクが34%高かったが、現喫煙者に比べればリスクははるかに低かったとしています。また、高齢であっても、禁煙後の期間の長さに伴い、生存率の上昇が認められたと書かれています。

このように、喫煙は自己と他人の健康を侵食する行為です。「正しい喫煙マナー」などというものは悪い冗談でしかありません。

関連記事
1. 喫煙女性、40歳までの禁煙で9年長生き 英調査
2. 高齢者でも禁煙により寿命が延びる
3. 「正しい喫煙マナー」はたばこ産業による謀略―他人の健康を侵食する行為にマナーなどありえない

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする