ジャカルタに来ています。ルピア、タクシーなどなど

ジャカルタに来ています。関西空港からの直通便はなく、バリ島経由で来たために約13時間かかりました。バリ島のダンパサールでの乗り換えには、空港ビルから一度外へ出る必要があります。その他、印象に残ったことをいくつか紹介します。

一つは通貨です。ルピアは非常に安い通貨で、ダンパサールでの両替では、1円が104ルピアでした。下の写真のように、10万ルピア札というのもあります。

飛行機からみたバリ島の風景(上)。インドネシアのお札(下)。


タクシーと渋滞も印象に残りました。乗っても安全だという評判のタクシーはblue birdという会社のものです。ショッピングモールには専用の乗り場もあります。同系列の会社で、より高級路線のsilver birdとかさらに高級なgolden birdとかいうのもあるそうです。私の知り合いはgolden birdには乗ったことがないと言っていました。

ジャカルタ空港でのsilver birdの専用待合所(上)。このタクシーはblue birdよりも高価ですが、さらに安心して乗れるそうです。市内で乗ったblue birdタクシーからの車景(下)。バイクが多いです。渋滞でも間をぬって走れるからでしょう。



会議室のエアコンについていた強烈な匂いの消臭剤(上)。初めは誰かの香水かと思いましたが、会議の途中でへんなものがエアコンにぶら下がっているのに気づきました。グランド・インドネシアという巨大なショッピング・モール(下)。ファンシーな店が並んでいます。COME BUYという店でChoco Smoothieを買いました。



LサイズのChoco Smoothie(上)。暑い思いをした直後に飲んだので非常に美味しく感じました。COME BUYでのレシート。7人で15万3千ルピアです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. taniyan より:

    SECRET: 0
    PASS:
    tak先生
    お早う御座います、お仕事でしょうか、お疲れ様です。
    現役時代仕事でマレーシアには何度か、インドネシアは経験なし。
    多分この時期でも暑いんではないでしょうか。
    円の力は魅力ですね、1500円くらいと言うことですよね、年金生活でも健康ならそちらに行けば贅沢できそう。
    兎に角ご無事に帰還されること祈ってます。
                     taniyan