優柔不断な犬の結末

どのタイミングで水に入るのか!?飛び込む決断を迫られた犬 !!(動画)

以下は、ひろぶろに書かれた動画の説明です。


小さな桟橋で困惑状態のわんこ。ご主人様が水に飛び込めと呼んでいる。でも水は怖い。どうすべきか決めかねて吠えることしか出来ないワンコ。どこかで水に入る決断をして飛び込まなければ…。どうしよう…どうしよう…。優柔不断が思わぬ悲劇?を生むことも。


私がずーっと昔に飼っていた犬もはじめはこんな感じでしたが、無理やり水に放り込むことを繰り返していたら、そのうち自分から飛び込むようになりました。この動画、何度見ても笑ってしまいます。

ところで、最近知ったのですが、ドッグフードにも高齢犬用というのがあるのですね。不味そうです。犬も不味いものを食べてでも長生きしたいと思っているのかなあ?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. あ* より:

    SECRET: 0
    PASS:
    嫌がってはいますが、怖かったのかどうかは不明です。落ちた後、パニックになって溺れたわけでもなく、別にいいのではないでしょうか。お宅のお犬さまも、嫌がるのを水に放り込んだ後、パニックになって溺れたのであれば、すぐ助けるはずで、そうではなかったのでしょう? また、溺れないとしても、それがストレスで脱毛症や下痢を起こしたら、そう何度もなさらないでしょう。そんなことをすれば水練でなく虐待ですからね。

  2. tak より:

    SECRET: 0
    PASS:
    >あ*さん
    さあ、どうでしょうか?その犬はローザという名前でした。自発的に川に飛び込んだローザは、泳ぎながらいつも僕の方をみて、「ほら、私は泳いでいますよ!」という顔をしていました。僕はこれは彼女の数少ない芸の一つだと思っていました。