ミカン毎日4個で、骨粗しょう症リスク92%減?

ミカン毎日4個で、骨粗しょう症リスク92%減

以下は、記事の抜粋です。


ミカンを毎日4個程度食べる閉経後の女性は骨粗しょう症になりにくいことが、農研機構果樹研究所などの調査でわかった。

カロテノイド色素のうち、特にミカンに多く含まれる「β―クリプトキサンチン」が、健康な骨を維持するのに有効とみられるという。同研究所や浜松医科大学などは2003年度から、浜松市の旧三ヶ日町で栄養疫学調査を実施している。

研究グループは05年、閉経した女性212人に協力してもらい、β―クリプトキサンチンの血中濃度を調査。ミカンを毎日4個程度食べる「高濃度グループ」、毎日1、2個食べる「中濃度グループ」、毎日は食べない「低濃度グループ」に分け、骨粗しょう症の発症率をそれぞれ調べた。また、4年後の09年に追跡調査を実施し、新たに骨粗しょう症を発症した人について調べた。

その結果、高濃度グループは低濃度グループに比べ、骨粗しょう症の発症リスクが92%低かった。これらのことから、ミカンを毎日継続して4個程度食べることで、骨粗しょう症を予防できる可能性があるという。


この記事は、以下の農研機構の発表に基づいていると思います。

ウンシュウミカンに多いβ(ベータ)-クリプトキサンチンの血中濃度が高い閉経女性は骨粗しょう症になりにくいことが明らかに

また、上の農研機構の発表では、以下のPlosOneの論文に成果が公開されていると書かれています。

“High Serum Carotenoids Associated with Lower Risk for Bone Loss and Osteoporosis in Post-Menopausal Japanese Female Subjects: Prospective Cohort Study”(論文をみる)。

論文での論調はかなり控えめです。血中β-cryptoxanthinが骨減少と骨粗鬆症の発生と逆相関していることは書かれていますが、血中のビタミン量が測定されていないこと、骨粗鬆症において重要な海綿骨について調べていないこと、例数が少ないことなどがlimitationとして指摘されてれており、はっきりと結論するにはさらなる疫学的な研究が必要であると書かれています。

みかんを毎日4個食べるというのは、それほどみかんが好きではない私にとっては厳しい条件です。昔、正月にみかんを食べ過ぎて皮膚が黄色くなっていた友人を見たことがあります。こんな人は骨粗鬆症にはなりにくいのでしょうか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする