iPSでリンパ球大量作製=がんやエイズの治療に応用の可能性

iPSでリンパ球大量作製=がん治療に応用も-理研

以下は、記事の抜粋です。


がんの一種の悪性黒色腫を殺すリンパ球「キラーT細胞」をいったんiPS細胞に変え、T細胞に戻すことに理化学研究所の河本宏チームリーダーらが成功し、Cell Stem Cell誌に1月4日発表した。iPS細胞を使えば特定のT細胞を大量に作れるため、患者の免疫を活性化させがんを抑える免疫療法に活用できる可能性があるという。

T細胞では、遺伝子の並べ替えによって異なる受容体を持つ何百万種類もの細胞が作られ、それぞれ別のウイルスやがんに侵された細胞に反応するようになっている。研究チームによると、並べ替えた遺伝情報はiPS細胞にしても元に戻らないため、再びT細胞に変えると当初と同じ受容体を持つ。

研究チームは悪性黒色腫に働くT細胞をiPS細胞に変えた上で刺激し、大半を同じT細胞に戻すことに成功した。

研究チームによると、現在のがん免疫療法は患者のT細胞を刺激して増やすが、大幅には増えないため効果が限られる。今回の方法は細胞を大量培養できることから、こうした問題を解決する可能性がある。

中内啓光東京大教授らも同様に、エイズウイルスに反応するT細胞の作製に成功。同誌に発表した。


河本氏らのBrief Reportのタイトルは、”Regeneration of Human Tumor Antigen-Specific T Cells from iPSCs Derived from Mature CD8+ T Cells”です(Brief Reportをみる)。また、中内氏らのShort Articleのタイトルは、”Generation of Rejuvenated Antigen-Specific T Cells by Reprogramming to Pluripotency and Redifferentiation”です(Short Articleをみる)。

以下にそれぞれの画像要約をリンクします。どちらも、T細胞の増殖までで、治療への応用あるいはこれらの細胞の治療効果を動物実験で確認するところまでは行っていないようです。この段階で発表せざるを得ないほど競争が厳しいのでしょうか?

MART-1特異的に反応するT細胞受容体をもつT細胞の作製

HIV-1感染患者からのT細胞の作製

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする