ぶつからないミニカー

スバルの「ぶつからないミニカー」を使った動画がハンパない! 驚きの結末にビックリ

以下は、記事の抜粋と動画です。


2012年8月、自動車メーカーの「スバル」は先進運転支援システム「アイサイト Ver.2」ををわかりやすく伝えるために、ぶつからないミニカーを開発しました。

アイサイトは本来、車両の前方にステレオカメラを搭載し、ドライバーの視点を補って車を制御するシステムです。撮影に使用したミニカーには、赤外線センサーをつけて前方に障害物がある場合に自動で停止する仕組みを採用しています。

これをいかして、走行中だけミニカーのマイクロスピーカーから音楽が流れるようにしています。約100台のミニカーは、バラバラに走っているように見えるのですが、それぞれのスピーカーから流れる音をよく聞くと、ひとつの楽曲になっています。

担当者によると「何度も走るテストシュミレーションを繰り返しました、理論的には、白い箱がクレーンで上がれば、すべてのミニカーがぶつからずに順番に走り出して音楽を奏でる設定なので、それを実現させるために、ミニカーのフォーメーションを何度も何度も繰り返しました。」とのこと。


なかなか面白い動画です。僕はよく車の側面、特に左後を擦ってしまうのですが、できればそれも防げるようにしてもらえればありがたいです。あと、すべての車がアイサイトを搭載していなければ、自分がアイサイトを搭載していても追突される可能性は残るなどとつまらないことを考えました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする