音声認識によって指示を理解する四足歩行ロボット「LS3」

あのリアル過ぎる軍用四足歩行ロボット「LS3」が音声認識によって指示を理解するように

以下は、記事の抜粋です。


まるで生き物のような滑らかな動きで四足歩行をするのが軍用ロボットLS3。傾斜のある場所でも難なく移動できる優れた移動性能が特徴でしたが、今回さらなる改良が加えられ、音声認識によっていくつかの命令を実行できるようになったとのこと。人間の「ついてこい」という命令に従って、足場の悪い森の中を横転しながらも健気について行っています。


このLS3は、米国防高等研究計画局のDARPA主導のもとBoston Dynamics社が開発したもので、400ポンド (約180kg) の荷物を、24時間の間に燃料補給なしで20マイル (約32km)運ぶことを目的としているそうです。

今回の動画では、”Power on”とか”Follow tight”とかいう命令に忠実に従ってくれています。その他「止まれ」「待て」「座れ」「待機」などの命令も可能で、「照明がない場所でもGPSによって道を自動で感知し移動する」とか「人間の命令やGPSに従うだけでなく、距離と方向を入力すればその通りに行動」が可能だそうです。

自分で充電できるのは「ルンバ」と同じです。コケても自力で立ち上がってきます。でもカワイイというよりは少しコワイです。動画に登場する”Power on”とか命令しているヒトもちょっと人間離れしている感じがします。

関連記事
水中スカイネットと絶賛されている日本発のヘビロボット
ジャンプする砂ノミロボット
お掃除ロボット

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする