歌って踊れる魚売りの男性、Youtubeで人気を呼びイギリスからメジャーデビュー

歌って踊れる魚売りの男性、Youtubeで人気を呼びイギリスからメジャーデビュー

以下は、記事の抜粋です。


こちらのパキスタン人男性、ロンドンのクイーンズマーケットで、1ポンド・フィッシュマンとして知られる彼は、魚のたたき売りにも似た「魚売りソング」を歌う様子が人気だったそうです。

それがYoutubeに上げられるとたちまち評判を呼び、なんとワーナーズ・ブラザーズと契約するにまで発展しています。まず、その特徴ある魚たたき売りソング、1ポンド・フィッシュ“One Pound Fish”のオリジナルの歌を、以下よりお聴きください。

こんな風に1ポンド(約135円)の魚を売っていることで話題になり、Youtubeにアップロードされてから、写真をいっしょに撮って欲しいという人や、歌って欲しいという人が後を絶たない人気者になりました。そしてシングルのリリースをするところまで、とんとん拍子に話が進みました。契約に名乗りをあげたのはワーナーズ・ブラザーズ。男性はパキスタン出身のムハンマド・シャヒード・ナジールさん(31歳)で、12月9日にリリースされています。そして作られたのが以下のプロモーション映像。

クリスマスのヒットとなっているようです。ところがこのムハンマドさん、イギリスの移民局の調査で、学生ビザで入国したあと学生をやめてマーケットで働いていた事実が発覚しています。パキスタンに強制退去させられる公算が高くなり、今後の行方がどうなるかは現在のところは不透明とのことです。


元記事のタイトルは、”One Pound Fish Man’s single now available, but troubled waters may lie ahead”です(元記事をみる)。

動画だけでなく、塞翁失馬のような展開も興味深いですね。

関連記事
塞翁失馬

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする