ラビ・シャンカル(Ravi Shankar)氏死去

インドの伝統楽器シタール奏者のラビ・シャンカル氏死去

以下は、記事の抜粋です。


ラビ・シャンカル氏本人の財団関係者などによると、12月11日午後、米サンディエゴの病院で死去、92歳。呼吸困難を訴えて先週から入院していた。

インドのバラナシ生まれ。青年時代にダンサーを志望したがシタール演奏家に転向し、欧米各地でインドの伝統音楽を紹介。ビートルズのジョージ・ハリスンとの親交などから西洋のロック音楽に影響を及ぼし、インドを代表する音楽家として知られた。

貧困問題解決のためのチャリティーコンサート開催にも尽力。インドでは99年に文民最高勲章バーラト・ラトナを受章した。娘のノラ・ジョーンズも音楽家。生涯現役を貫き11月にも米国でコンサートを開催した。


Wikiによりますと、1920年生まれのラビ・シャンカル氏が国際舞台へ登場してくるのは1966年のビートルズとの出会いがきっかけのようです。この後、有名なモントレーやウッドストックへの出演があり、グラミー賞受賞へと続きます。

以下の動画は、1971年11月23日に放映されたDick Cavett Showでの演奏です。おそらく、この頃が彼の全盛期だと思います。髭のジョージ・ハリソンが出てきます。

関連記事
Are you lonesome tonight?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする