前CIA長官が使った バレない?不倫メールの仰天手口

前CIA長官が使った バレない不倫メールの仰天手口

以下は、記事の抜粋です。


CIAのデービッド・ペトレアス長官の不倫辞任騒動。お相手のポーラ・ブロードウェル嬢が、長官の知人女性に嫌がらせメールを送ったことで明るみに出た。ところがポーラ嬢、不倫相手とのメールのやりとりは仰天手口で秘密を保持していたのだ。

2人の関係は「08年ごろから始まったようだ」(米国事情通)という。少なくとも3年以上は付き合っていたわけで、その間、性的な内容が赤裸々につづられたメールを受け渡ししていたのに、一切バレなかった。

「米国当局によれば、ペトレアス長官とブロードウェル氏は2人だけのGメールのアカウントを開設して連絡を取っていた。メールは送信せず、下書きとして保存。それを互いに読みあっていたようです」(前出の米国事情通)。

「え、それだけ?」と驚いてしまうが、“送信せず″というところがミソだ。ITジャーナリストの井上トシユキ氏もこう言う。「まさに盲点。そういうやり方もあったんだと。送信することで情報が出てしまえば、第三者に傍受される可能性があります。ネット上のやりとりはサーバーの通信記録に残るのです。2人だけにわかるユーザー名とパスワードを共通で利用するだけ。一般の人は思いつかないやり方です」

妻に隠れて愛人とメールしているサラリーマンは、参考になるかも。


何と言っても「ゲンダイ」の記事なので、事の真偽は怪しいですが、記事を読んだ時、「なるほどそんなやり方もあるのか」と素直に感心してしまいました。

今ならEvernote、Dropbox、Google Driveなどいろいろとやり方がありそうです。クラウドがあまり発達していなかった数年前このようなことを考えたのはさすがCIA長官です。それでも結局、男の移り気と女の嫉妬でバレたところがなんとも、、、

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする