ベルギーで行ったところ: 大学、企業などなど。

ベルギーでは、主にAWEX(Agence wallonne à l’Exportation et aux Investissements Etrangers、ベルギー王国ワロン地域政府 貿易・外国投資振興庁)に紹介された医学・アグリバイオ関係の大学やそれらからスピンアウトした企業に行きました。

e-Protein(Pharmavidin)という会社です。卵の白身からアビチンを精製しています。詳しくはこちらをご覧ください。会社は倉庫の一部で、オフィスはコンテナです。



上はe-Proteinの精製室を覗いているところ。中は撮影禁止です。下は、移動途中の景色。約200年前の「ワーテルローの戦い」の戦場にある小高い丘です。頂上にはナポレオン軍の大砲を鋳潰してつくられたライオンの像があります。



Keyrus BiopharmaはCROです。外観は普通の家です。詳しくはこちら



2階には立派な会議室やキッチンがあります。窓からは農村風景がみえます。


THTは、Gembloux大学(現リエージュ大学アグロ‐バイオテック学部)からのスピンアウト企業です。乳酸菌やビフィズス菌などを扱っています。詳しくはこちら



ワロン地域の産業クラスターの1つWagrALIMがサポートする健康食品関連会社11社からなる企業グループBelgian Health Ingredients Group (BHIG)のセンターです。11社の中に「味の素」が入っています。詳しくはこちら



BHIGで提供されたランチ。オープンサンドが美味しかった。こちらのトイレの小便器の受け皿の位置は日本のものより10cmは高い。あたりそうです。



リエージュ大学の医学部と附属病院の遠景と附属病院の受付。この中にGIGA(groupe interdisciplinaire de génoprotéomique appliquée)があります。ゼブラフィッシュの飼育設備もあります。詳しくはこちら



リエージュ大学獣医畜産学部附属動物病院の入り口と同学部でのセミナー。産学連携に力が入っています。Quality Partnerというここからスピンアウトした企業の説明もありました。



同学部のカフェテリア(上)。建物も学生もカッコイイです。学生会館?に貼ってあったポスター(下)。学生の考えることはどこも同じようです。



KitoZymeは、キチン、キトサン、β‐グルカンなどを作っています。建物もコーヒーカップもオシャレです。詳しくはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ダラ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは☆いろんなブログを覗いてたらきちゃいました♪別の記事も読んでみたくなりました!!訪問またさせていただきますね(^^)私は最近ブログを始めたので見にきてくださいね♪