ピアス穴ある看護学生、3割の耳に黄色ブドウ球菌 東邦大が33人調査で検出―それがどうした?

ピアス穴ある看護学生、3割の耳に黄色ブドウ球菌 東邦大が33人調査で検出

以下は、記事の抜粋です。


東邦大学の小林寅●(吉が2つ)教授と金山明子助教は、ピアスの穴を開けた看護学生33人のうち、3割の耳から院内感染の原因になる黄色ブドウ球菌を検出した。耳と指の両方から菌が検出されたのは4人で、同じ細菌の可能性が高かった。


ピアスを開けていない看護学生の耳と指は調べたのでしょうか?また、この記事に書かれている結果はどのような形で報告されたのでしょうか?小林教授のホームページを見たところ、記事関連の仕事は未発表のようです。いずれにしても、n=33ではある程度以上のレベルの医学雑誌なら決して掲載しないでしょう。

こんないい加減な結果に基づいて、ピアスを開けている看護師さんや看護学生が問題視されるのは、あまりに気の毒です。小林さんと金山さんは、できるだけ早く、しっかりとした論文報告をすべきでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする