食後すぐに歯を磨いてはいけない?

食後すぐの歯磨きは歯に深刻なダメージを与えることが判明 / 少なくとも30分経過後が理想的

以下は、記事の抜粋です。


歯磨きをするタイミングの重要性が指摘されている。というのも、食後すぐの歯磨きは歯に深刻なダメージを与えることが最新の研究で判明したのだ。

歯の外側にはエナメル質があり、その内側には象牙質と呼ばれるエナメル質よりも柔らかく虫歯が進行しやすい層がある。実験では、この象牙質のサンプルを被験者たちの口内に装着し、それぞれ異なったタイミングで歯磨きを行ってその腐食度合いを観察した。

すると、食後30分経たずに歯を磨いた被験者の口内では、象牙質の腐食が確認された。さらに、20分以内に磨いた被験者では腐食具合は著しく増していたという。しかし、食後30分もしくは1時間経過してから磨いた人たちにはほとんど腐食がみられなかったそうだ。

Academy of General DentistryのHoward R. Gamble氏によると、「食後すぐに歯を磨くと、食べ物に含まれていた酸を歯のより深い部分へ、より早く浸透させることになります。今回の実験により、歯磨きによって歯の腐食が促進されてしまうのは、食事をしてから30分以内であることがわかりました」とのこと。

この結果を踏まえて、「歯の腐食を防ぐには、少なくとも食後30分経ってから歯磨きをするのが望ましいです」と語っている。


上の記事が参照元としているMail Onlineには、”Research has shown that teeth corrode faster if they are brushed in the half hour after an acidic soft drink, which ‘stripped’ them – demineralising them.”と書かれているので、炭酸飲料を飲んだ後に歯磨きしたようです。また、根拠となっていると思われる論文でも”Sprite Light” (pH 2.9)という炭酸飲料でサンプルを90秒処理しています(論文をみる)。日本では食事の時に炭酸飲料はあまり飲まないので、普通の食事の後であればすぐに歯を磨いても大丈夫かもしれません。

しかし、一般に良く使われる歯磨きの中には、タンパク質を扱っている生化学研究者なら誰でも知っているある恐い成分が含まれています。それは、ラウリル硫酸ナトリウムです。これは非常に強力な界面活性剤で、ほとんどすべてのタンパク質を溶かすことができます。そのため、タンパク質の電気泳動解析に頻繁に用いられています。「SDS電気泳動」のSDSというのはラウリル硫酸ナトリウムの別名です。

SDSが歯磨きの中に入っていることは、最近診てもらった歯科医に教えられて初めて知りました。調べてみたら、歯磨き粉ランキング1位の「スマイルコスメティックのホワイトニングペースト」にもSDSが入っていますし(記事をみる)、昔良く使っていたあの「アクアフレッシュ」にも入っていました。

SDSの入った歯磨き粉あるいはペーストで歯を磨くのは、炭酸飲料の酸が残っているよりも歯や歯茎のダメージが大きいように思うのですが、どうでしょう?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. SECRET: 0
    PASS:
    ぜひ 多くの方に 知らせたいです
    ありがとうございます

  2. あ* より:

    SECRET: 0
    PASS:
    食後はキシリトール100%のガムを20分噛んでから歯磨き剤は使わず水でブラッシングということにしていたのがよかったかと思いました。

  3. 通りすがり より:

    SECRET: 0
    PASS:
    いろいろなサイトで「フッ素」の危険性については見たことがあったのですが、SDSの危険性についてはじめて知りました!