ヘッジホッグ経路阻害薬ビスモデギブ(vismodegib)の皮膚基底細胞がんに対する効果と安全性

ヘッジホッグ経路は、発生過程の細胞増殖と分化において重要な役割を果たしており、細胞表面にあるPatchedホモログ1(PTCH1)とsmoothenedホモログ(SMO)という受容体を介して情報を伝達しています。下図のように、PTCH1はヘッジホッグ(Hh)の非存在下ではSMOを抑制していますが、Hhが存在するとPTCH1の抑制が外れてSMOが活性化され、下流の細胞増殖シグナルのスイッチが入ります。

ヘッジホッグ経路(ミシガン大皮膚科のサイトより)

通常、成人の細胞ではこの経路は不活性化されていますが、皮膚の基底細胞癌において、PTCH1遺伝子の機能喪失変異やSMO遺伝子における構成的活性化変異によって本経路が活性化される例が多数報告されています。

米Genentech社が開発したビスモデギブ(vismodegib)は、SMOを分子標的とする新規経口低分子阻害薬です。以下のように、ビスモデギブの皮膚基底細胞がんに対する効果を調べた論文がNEJMに2報掲載されました。


Efficacy and Safety of Vismodegib in Advanced Basal-Cell Carcinoma
転移性基底細胞がんまたは局所進行性基底細胞がんに対して、ビスモデギブ150mg/日を経口投与した。転移性基底細胞がん患者33例では、奏効率は30%、局所進行基底細胞がん患者63例では、43%で、13例(21%)で完全奏効した。有害事象は、筋痙攣、脱毛、味覚障害、体重減少、倦怠感で、重篤な有害事象は患者の25%で報告され、有害事象による死亡は7例だった。


Inhibiting the Hedgehog Pathway in Patients with the Basal-Cell Nevus Syndrome
基底細胞母斑症候群患者に対して、ビスモデギブの抗基底細胞がん効果を検討する無作為化二重盲検プラセボ対照試験を行った。ビスモデギブは、基底細胞母斑症候群患者の基底細胞がんの腫瘍量を減少させ、新たな基底細胞がんの増殖を抑制した。しかし、治療例の半数以上が有害事象により中止された。


FDAは本年の1月30日、ビスモデギブ(米商品名:Erivedge)を基底細胞がん(BCC)の治療薬として初めて承認しました。転移性BCC、または外科手術および放射線療法が適応でない再発BCC患者が適応となります。これまでは、これらの患者には有効な治療法はありませんでした。

ヘッジホッグ経路シグナルの異常な活性化は、BCC症例の約90%に認められるそうです。ビスモデギブそのものが商業的に成功するかどうかは別として、SMO阻害薬は近い将来、BCCに対する分子標的薬として確立されると思われます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする